So-net無料ブログ作成
検索選択

村上隆の五百羅漢図展に行く [思う]

美術館で開催されている「村上隆の五百羅漢図展」にムスコと行ってきた。
全長100mにもおよぶ大作ということで、その迫力をこの目で見なければ、と
思ったのだった。
一人で行った方が楽なのだが、ムスコが観てもなにか感ずることがあるだろうと、
一緒に行ったのだった。

予想通り、作品はどれも迫力満点、見れば見るほど引込まれるものばかりだった。
作者が作品にぶつけるエネルギーを感じた。
表現、色使いは激しくて、目がちかちかしてくる。。。

20160105-3.jpg

五百羅漢とは、釈迦の教えを広めた500人の弟子である聖人たちで、
煩悩を滅し人々を救済したといわれているそうだ。(展覧会HPより)

五百羅漢図の4作品は迫力と(何度も言ってるが)、祈りを感じた。
人によって感じる祈りは違うと思う。
平和であること、健康であること、お金持ちになることなど。。。

わたしは平和というか平穏な日々への祈りを感じた。
「青竜」「白虎」「朱雀」「玄武」という4神を中心に羅漢に見守ってほしいと。

ムスコはかなり見入っていたので、何かしら感じただろう。
派手とか大きいとか、気持ち悪いとかすごいとか。
なんでもいい。
すごい作品を見ることができて良かったと思う。

帰りはけやき坂のイルミネーションを見た。
その数日前に実家のあるT駅前で、とっても趣味の悪いイルミネーションを見て
がっくりきていたので、ここのきれいな景色はとても嬉しくて、
ムスコとバシバシ写真を撮った。

20160105-2.jpg

2016の数字が輝く東京タワーが素敵だった。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。