So-net無料ブログ作成
検索選択

桜満開 [写す]

翌日の天気予報は雨、しかも風が強くて大荒れ、ということだったので、
桜を見に近場の高幡不動尊に出かけた。

桜の木が特別に多いというわけではないけど、見事な寺社建築と、
木々と桜がそろった風景は見事だった。

20130407-1.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

雨上がりの夕日 [写す]

20150106.JPG

ザーザー降りの雨のあと、日がさしてきた。

ガラスについた水滴が光ってきれいだった。




nice!(2)  コメント(0) 

箱根一泊二日 その5 [写す]

渋滞で思ったより時間がかかってしまったので、
行きたかったお土産屋に行くのは諦めて、
大涌谷のお土産屋さんで急いで買い、東京へ向かった。

帰り道の高速道路は事故が多く、あちこちで渋滞していた。
みなさんお疲れなんですね。。。
とはいえ、巻き込まれたくない。

陽は暮れてきたが、お昼ごはんを食べ過ぎたわたしたちは、
お腹が全く減らず、というより満腹状態が続いていたので、
わたしとムスコはコンビニのおにぎり一個だけを食べ、
オットは何も食べなかった。

家に着くと、中はムワ~ッとした熱気。。。
東京はやはり暑いのだ。
涼しいこととはなんてすばらしいのだろう。

あっという間だったが、楽しいおいしい旅行だった。
今度は紅葉の時期に行ってみたいが、渋滞がすごいんだろう。
電車で行って、箱根湯本駅の周辺のお店巡りもしてみたいし、
ロープウェーも乗ってみたい。

あれもこれもと次回の夢が広がっている。

おわり





nice!(2)  コメント(0) 

箱根一泊二日 その4 [写す]

パングラタンで満腹になったので、次の目的地、大涌谷へ向かった。
順調に山道を進んでいたのだが、道端に
渋滞している場合、この場所から約1時間かかります」
という趣旨の看板を見かけて、えっ?と思ってカーブを曲がったら
車が延々と連なっていた。。。

1時間~~!?

躊躇したが大涌谷行きたかったので、のろのろと進むことに。

そのうち霧が出てきて、天気が怪しくなってきた。
風も強くなってきて空気が冷たい。

ほんとに1時間くらいかかって、駐車場に車を停めることができた。
外は強風で寒かった。
上着なんてもちろん持ってない。
日焼けよけの腕カバーをつけて防寒した。

辺りには霧がたちこめていた。
迫力と不思議さをムスコに見てもらいたかったのだが、
あまり見えず。。。

20140901-1.JPG

玉子茶屋まで登った。
こんな天気でも大賑わいである。

20140901-2.JPG

そして黒玉子を食べた。(お腹いっぱいだったが)
熱々でおいしかった。
これで長生きできる。

このとき事件が。
大きな蜂が飛んでいて、いやだな~と思いながら、玉子を食べていた。
そしたらそばにいた外国人が玉子の殻の掃除用の長細いブラシをつかんで、
バシッと蜂を叩いたのだ。
蜂はびっくりしてわたしのほうに突進!
刺されるかと思った。。。

蜂は刺激しないことが一番。
勘弁してくれ~。

つづく


nice!(1)  コメント(0) 

箱根一泊二日 その3 [写す]

日曜日。

駒ケ岳ロープウェイに乗ろうと、旅館の隣の箱根園へ。
曇り空ではあるが、高い所から景色を見たかった。

20140828-1.JPG

が、強風のため運行中止。。。

ガ~ン。

わたしたちがいる場所ではそんなに風は吹いていなかったので、
ちょっと納得いかなかったが、山頂は風が強く吹いているのだろうか。
残念。

気を取りなおして、芦ノ湖でスワンボートに乗ることにした。
ムスコは初めての体験だ。
オットとわたしがペダルを漕ぎ、ムスコがハンドルを握った。
石橋を叩いて恐る恐る渡る性格のムスコは、近場をうろうろするだけで、
遠くに行かない。
オットとわたしは「行ってもいい場所ぎりぎりまで行こうよ!」と言うが、
ムスコは「だめだよ~」と言う。
なので、わたしがハンドルを奪い、ぎりぎりの場所まで行くと、
また「だめだめ~!」と言う。

もうちょっと攻めてほしいもんだ。(習い事のサッカーも)

20140828-2.JPG

大型の観光船が通ると波でスワンボートが揺れたり、
他のスワンボートを避けようとハンドルをぐるぐる回したりと、
なかなか楽しかった。

お昼ごはんはガイドブックに載っていたパングラタンを食べに、
ぱんのみみという店へ向かった。
12時前に着いたが、すでに行列だった。
道が狭いのと駐車場がどう停めたらいいのか分かりにくくて、
ちょっと大変だった。。。

20分くらい待っただろうか。
ようやく店内へ入ったが、注文してからも時間がかかった。
混雑してるし、オーブンで焼くからかな。

やっときたパングラタン。

20140828-3.JPG

大きい!パン一斤の2/3くらいの大きさだろうか。
その中にシーフードグラタンが入っており、
上にチーズがたっぷりかかっている。
パンの耳はカリカリに焼けており、中はふんわり、グラタンはとろ~りで、とてもおいしかった。
パンは宮ノ下の有名店渡邊ベーカリーのパンとのこと。
ボリュームがすごくて食べきれなかったので、オットにあげた。

20140828-4.JPGムスコはオムライス。これも絶品、ボリュームもすごい。

これはぜひ家でも作ってみたい。
パンの大きさはもうちょっと小さめで。。。

つづく




nice!(0)  コメント(0) 

箱根一泊二日 その2 [写す]

今回のお宿は芦ノ湖のそばの「竜宮殿」という旅館だ。
到着して車から降りてびっくりした。

涼しい!

芦ノ湖の標高は723mとある。
彫刻の森駅で539m。
この差でこんなに気温は違うものなのか。
ちなみにわたしの住んでいる町の立川駅は95m。
この日の気温は一体何度だったのか。。。

涼しいと体が楽なので、わたしたちは一気に元気になった。

またお部屋が特別室でとても広く素晴らしいお部屋で、
内風呂は温泉、しかもこの日はすぐそばで花火大会があるというので、
さらに元気になった。

体を休めた後、隣の箱根園へ夜食用のおつまみを買いに出かけた。
箱根園は一昔前の大きな一般的なお土産屋といった感じで
可もなく不可もなく。。。
陽が傾き始めた芦ノ湖がきれいだった。

戻ってからはすぐに食事。
味、量、食事を運ぶタイミング、どれも文句なしで、
とてもおいしくて大満足であった。

20140827-1.JPG
コドモのお料理

時間が経つにつれ、昼は見えなかった富士山が姿を現し始めたのも、うれしかった。

20140827-2.JPG

家から見える富士山よりずーっと大きい。当たり前だが。。。

夜は花火大会。
木がちょっと邪魔だったが、部屋でだらだらお酒を飲みながら観れるのは
最高だった。
一番うれしかったのは疲れと酔いで半分眠っていたオットであろう。
すぐにお布団に入れるのだから。

20140827-3.JPG

後半、アナと雪の女王の歌に合わせて花火が打ち上げられていた。
どこに行ってもアナ雪。
(あと、妖怪ウォッチ

朝。

空には薄い雲がかかっていた。
今日はカンカン照りではないのかな、とホッとした。
朝食は夕食と同様、おいしかった。

竜宮殿は知り合いからの話であまり期待していなかったのだが、
とてもいい旅館だった。
特別室だったからかもしれないが。。。
リピートしてもいいくらい大満足であった。

つづく


nice!(0)  コメント(0) 

箱根一泊二日 その1 [写す]

「今年の夏はどこに行きたい?海?山?」
というわたしの問いかけに
「去年海でおぼれたから山がいい。。。」
と応えたムスコ。

そんなわけで今年は箱根に行ってきた。

土曜日の朝
オットが「湘南海水浴に行く人達で大渋滞するから、とにかく早く
出発しよう」と言うので朝6時に出発。
だがほとんど渋滞していなかった。
予定より早く到着しそうなので、途中SAなどでだらだらと無駄に時間を過ごしつつ、
箱根に着いた。

まずは彫刻の森美術館へ。
広いし、子どもが遊べる場所があるし、親子でアートに触れられるということは
とてもいいことだと思ったから。
また、土曜日はファミリー優待日とやらで、子どもは無料になるのだ。

まずは入場。。。
このとき、駐車場でふらふら歩くムスコに注意、反発するムスコ。
じりじりと照りつける太陽。
吹き出る汗。
それでわたしたちには険悪なムードが漂っていた。

が、入り口そばのギャラリーでの「ミーツアート森の玉手箱」という展示の
回転するだるまの展示のおもしろさのお陰で、楽しい雰囲気になってきた。

20140826-1.JPG
回転体は行進するダルマの夢を視る しりあがり寿

このときはしりあがりさんの作品だって全然知らなかった。。。

ギャラリーでは他にもおもしろい展示があり見応えがあり楽しかったのだが、
外に出るとまたまた暑いので、ムスコは不機嫌に。。。
本当に面倒くさい。

わたしは楽しみたかったので、ほっといて作品を鑑賞した。

8月の箱根は山の緑が濃くて、まぶしいくらいにきれいだ。
そこに点在する彫刻もきれい。

20140826-2.JPG

子どもの遊び場は「シャボン玉のお城」と「ネットの森」というのがあって、
ムスコはそこでは水を得た魚のように元気に遊んでいた。

20140826-4.JPG20140826-3.JPG

お昼ごはんは道中、SAで買った爆弾おむすびと、
宮ノ下の富士屋ホテルのパン屋ピコットで買ったカレーパンとカツサンドを食べた。
爆弾おむすびには豚の角煮とキムチが入っていて、とてもおいしかった。
カレーパンはトマトの味が効いており子どもで食べやすく、カツサンドも絶品だった。
このカツは箱根で有名な田むらのとんかつだそうで、やわらかくておいしかった。

その後もぶらぶら彫刻を観て廻った。
自然と彫刻の調和はステキで、強い陽射しのおかげでキラキラして
とてもきれいな光景なのだが、ほんとに暑くて暑くて。。。
途中入ったピカソ館の冷房がとても嬉しかった。

観終わったときは暑さでくたくたで、すぐにそばのコンビニへ
アイスクリームを買った。
だがアイスクリームだけでは奪われた体力気力は回復せず、
他に観光することなく旅館へ向かった。

つづく

nice!(0)  コメント(0) 

春のプレゼント [写す]

野菜はなるべく近所の農家さんで買っている。
新鮮でおいしいので、料理もおいしくなる。

今日も買いに行ったら、きれいな菜の花をたくさんもらった。
思わず「わぁ~~うれしい!」と声が出た。

20140404.JPG

大きい花瓶がないので、短めに切ってガラス瓶に挿した。
野の花ってかわいい。
春だなあ。

庭のチューリップもきれいに咲いている。
玄関を出る度、家に帰ってくる度、春を感じられてうれしい。
昨日の雨と風でだめになるかと思ったけど、
がんばって耐えてくれた。
秋からずっと土の中でこの日が来るのを待ってたのだから、
なるべく長くきれいに咲いていてほしい。

20140402.jpg

春はうれしい。

nice!(1)  コメント(0) 

紅葉が見頃です [写す]

わたしの住む多摩地域は、
今、紅葉がとてもきれい。
今週はずっと晴れているし、
風もなく暖かいし、
外出の度に、上の方を見上げて、
一人で感動している。

2013112201.jpg

2013112202.jpg

2013112203.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

大桟橋と中華街へ行く [写す]

先日、横浜の大桟橋と中華街に行ってきた。
この辺りに行くのは何年ぶりだろうか。
みなとみらい線が開通してからは初めてだし、
息子を連れて行くのも初めて。

東横線から乗り換えなしで中華街に行けるのは、
とても便利だ。
因みに駅は伊東豊雄氏の設計。
ホームから改札まで上がるエスカレーターは、
中華街観光の期待がさらに高まるような作りだった。

地上へ出ると、頭の中は「何食べる?」でいっぱい。
キョロキョロしたけど、なにがなんだか分からない。
とりあえず、肉まんが食べたかったので、
萬珍樓へ。。。
出来たては肉まん2つあんまん1つしか残っておらず、
なんとか家族分はゲット。
それから大行列を見て気になった王府井の焼ショウロンポウも購入。

2013111903.jpg

道路で熱々をぱくついた。
どちらもとてもおいしかった。
特に気に入ったのが、焼ショウロンポウのふかひれ入り。
肉まんもボリュームたっぷり、あんがぎっしりでおいしかった。
これだけでお腹いっぱい。。。

次に向かったのが大桟橋。
今日の第一目的場所だ。
停泊している、ピースボートの船を見学するのだ。

大型客船で世界一周するピースボート。
憧れであるが、時間とお金の問題から夢のまた夢。。。
実際のところ100日も船上で暮らせるのかね、という疑問と、
大型客船ってどんなもの?という興味から、
見学を申し込んだのだ。

また、建築的に有名な大桟橋には一度息子を連れて来たかった。
なにか感じるかどうかは分からないけど。。。

船は思っていたよりずっと大きかった。

2013111901.jpg

旅行したらテンション上がるだろうな。
船内にはプールやスポーツ施設、レストラン、バーなど
いろんな施設があるけど、本当に飽きないんだろうか。

刻々と変化していく空と海、
海から入っていく港町の風景。
きっと感動するだろう。

でも日々、ガチャガチャと慌しく暮らしている
今のわたしには自信がない。(お金もない)

デッキから見るみなとみらいの景色はとてもきれいだった。

2013111902.jpg

2013111905.jpg

2013111904.jpg

晴れ渡った空の下、気持ちよい時間を過ごした。
海沿いの町っていいなあ。

帰りは中華街の華正樓でお土産の肉まんと月餅、お菓子
買った。
わたしは知らなかったのだが、華正樓って名店なんですね。
家で食べたけど、すっっごくおいしかった。
こんなにおいしいんなら、日持ちのするお菓子、
もっと買えば良かった。。。

かなり疲れて帰ってきたが、
電車の便が良くなったおかげで昔ほど時間もかからず、
楽に行けることが分かったので、また行きたい。

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。